翠灯舎 | Suitosha Inc. 翠灯舎 Suitosha Inc.

News|新着情報

土門より退職のお知らせ

2017.12.19

こんにちは。土門です。
本日はひとつお知らせを。

2017年12月28日をもちまして、株式会社翠灯舎を退職することにいたしました。
この4年間、あっという間でしたが、私にとっては欠くことのできない4年間でした。
いろいろな方に出会い、たくさんの勉強をさせていただきました。
お世話になった皆々様には心よりお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

退職まであと10日、年が明けたらもうここに席はないのだなと思うと何だかさみしい毎日です。


翠灯舎でやっていたこと

2013年に入社してから4年、20代の後半をここで過ごさせてもらいました。
もともとは出版社の営業を4年やっていて、業界も職種も全然違う畑の出身。
Webの制作に携わることはおろか、ビジネスメールもほとんど書いたことがない状態でしたが、「翠灯舎で何ができるかわからないけど一緒に働きたい」という私の申し出に、「いいよー」ととても軽快に答えてくれた代表の田中・専務の佐野には本当に感謝しております。

20代の中盤、私は人生に行き詰まっていました。
書くことが好きで、本を作りたいという夢が昔からあって、それで出版社に入ったのですが、編集経験のないまま4年が過ぎ、そのうち子供も産まれ、育休明けて職場復帰したものの、心身ともに疲弊して退職。
ふと気づくと自分には何もキャリアが残っておらず、
「私には、好きなことを仕事にするなんて夢のまた夢だったのだ」
と毎日ものすごくネガティブなことを考え自分を責め続けていました(根が暗いもので…)。

でもそんな私にも残っているものがありました。
それは、学生時代から友人だった翠灯舎代表の田中と一緒に作っていたフリーペーパーの『音読』。
そのころ唯一『音読』だけが、自分の好きな「書くこと」で社会と繋がれる点でした。
「本を作りたい」という夢も、ここで小さく叶え続けていました。

なぜ翠灯舎で働きたいと思ったかというと、田中と佐野が尊敬できる友達だったから。
ふたりはそのころから、自分の好きなことを大事にしながら仕事もちゃんとする人でした。
そうしているふたりだからこそ、そこに入って来る人も「自分の好きなこと」がはっきりしていて、それをきちんと守って生活していきたい、という人が多かったのだと思います(歴代スタッフにバンドマン率が異常に高いのもそのせいだと思います)。

自分がここで『音読』をつくる以外に何ができるのかはわからないけれど、ここで働いてみたいなと思いました。
そのころにはもう自分の夢はほとんど諦めかけていて、何がしたいのかよくわからなかった。
「好きなことを仕事にする」ということがよくわからなくなっていたので、だったらここで、尊敬している友達、つまり自分の「好きな人たちと仕事をする」、ということをしてみようと思いました。
とにかく自分と仕事が乖離しない働き方をしたい、というのが、そのときの自分の目標でした。

最初は「私、ここにいていいのか?」というくらい仕事がなかったけれど、「書くことだけにこだわらず、自分にできる仕事は全部人からもらっていこう」と思いながら過ごすうち、少しずつ仕事が増えていき、最終的にはライティング業務のほかに、ディレクション、経理、社内教育、人事(面接に同席するだけですが)、総務、炊飯など、いろんなことを担当するようになりました。
はじめてやる仕事ばかりでしたが、基本は全部「みんなが少しでも楽に、楽しく仕事できるようにすること」だと思っていて、学ぶことはとても多く、楽しかった。
結果的には自分がいちばん楽しく仕事をさせてもらっていたように思います。


翠灯舎で学んだこと

翠灯舎は、やろうと思えば何でもできる場所でした。
「これがやりたい」と言えばほとんど何でもさせてもらえました。
うまくいくことばかりでは決してなくて、挫折をしたこともあったけれど、それでも最後には「勉強になったなあ」と言ってもらえる場所で、失敗を怖がる必要がなかった。
だからこそ、文句が言えない場所でもありました。
やろうと思えば何でもできる場所にいるとき、文句は全部自分にかえってきます。
やりたいことを仕事に変換する、仕事をやりたいことに変換する、ということを私はここで学びました。

そして、翠灯舎は「会社を育てる」ということを常に考えさせられる場所でした。
もともと友人関係にあった経営者ふたりと、5人という人数の少ないチームを編成しながら、「会社として存在する」とはどういうことなのかをずっとそばで見て、考えてきました。
経営って大変だなあ、勤めたほうが断然楽だよなあ、とサラリーマンしかやったことのないわたしははじめ思ったものですが、それでもここにいるうちに、人が自ら会社を作り動かしていく、その理由がだんだんわかってきたように思います。
自分たちで舵をとって、自分たちで進んでいくこと。
そんな大変なことがこんなにもおもしろいと感じることができたのは、この5人のメンバーだったからだと思います。


翠灯舎で得たもの


翠灯舎で働いたなかでもっとも大きい収穫は
「自分は仕事が好きだ」
と思えたことでした。
これはとても根の深いところで、私の自信になっています。
誰より優れているからとか、誰に評価されたからとか、そういうことではなくて、本当に基礎的な基礎なこと、「自分は仕事が好きだな」と思えたことは、純粋でゆるがない自信になりました。

30を迎えたとき、自分の仕事はやっぱり「書く」ことだ、と決めることができたのも、この自信がついたからこそだと思います。
ちょうどこのころ二人目を妊娠・出産しましたが、私の中の決意は全然揺るがなくて、「自分は自分のやりかたでキャリアを築いていったらいいや」と思うようになりました。

その後、翠灯舎は副業がOKなので、在籍中に土門蘭個人としてライティングのお仕事も複数させてもらい、2017年5月には、合同会社文鳥社という出版の会社を立ち上げ、最近そこで初めての本を著者として出しました。

やろうと思えば何でもできる場所であり、「会社を育てる」ことを学んだ場所であったからこそ、私は結果的に自分にとって最も大事な「書くこと」を選び、自分も会社をつくることを選んだのだと思います。

その基盤となる自信をつけてくれた翠灯舎には、本当に心から感謝しています。



これからについて

今後は文鳥社として、土門蘭として、「書く」仕事をしていこうと思っています。
卒業とか独立とか、いろいろ表現はありますが、私の中では原点回帰です。
翠灯舎で築いた「仕事が好きだ」という基盤に、これから自分ができることを一個一個積み上げていこうと思います。

「翠灯舎」という名前には、灯のもとにみんなが集まって、学んだり成長できる場所であるように、という意味が込められています。
「翠」はみどり。専務の佐野が好きな色ですが、この漢字には偶然、「羽」と「卒」という文字が含まれています。

私の会社が「文鳥社」という名前なのも偶然ですが、でもそういう場所だったな、と振り返ってみて改めて思います。


これまでお世話になった皆さま、そして翠灯舎の皆さん、本当にありがとうございました。
今後も一緒にお仕事させてください。
また土門と仕事がしたいな、と思ってもらえるよう、毎日精進します。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


土門蘭

年末年始休暇のお知らせ

2017.12.18

お世話になります。代表の田中です。

 

早いもので2017年ももう終わりです。
めっきり寒くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私たちは皆、特に風邪を引くこともなく、おいしいおやつなどを食べながら、
時には刺し身を食べお酒などを嗜みながら、毎日なんやかやと楽しく過ごしております。

 

そんなことをやってましたらあっという間に年末がやってきまして
年末年始休暇のご連絡もしておりませんでしたので
いそいそとさせていただくことにいたしました。

 

毎年のことなのですが、またもや今年も長めにドーンとお休みをいただきます!イエー

 

 

【年末年始休業日】
2017年12月29日(金)〜2018年1月8日(月)
 


上記期間中は、電話・メール等が通じなくなってしまいます。
メールの返信はお休み明けの1月9日(火)から順次対応いたします。
お急ぎのお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

では最後に、1ヶ月ほど前から弊社で頑張ってくれている大学生インターンの深谷くんの写真などを。

 

緑茶入れてます。

 

理科の実験のように緑茶を淹れてくれてます。
インターンが終わるまでにおいしいお茶を淹れられるようになるそうです。
高年齢な私たちは彼から最近の大学生が聴いている音楽などを教えてもらってます。

 

それでは、みなさま良いお年を!
楽しいお正月をお迎えください。
また来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

かゆいところに手が届くかも!concrete5 8系 地味カスタマイズ集

2017.12.16

 

この記事は concrete5 Japan Advent Calendar 2017 の16日目の記事です。
前回はASUMIさんの「concrete5 “Meetup Tokyo”に参加してきました!」でした。
concrete5全然関係ない内容も満載の懐深いMeetup・・・!
今年の東京勉強会は面白そうな内容多かったなぁ〜。

 

今年の京都チームはというと「concrete5の日」を複数回開催したのみ!ということで
来年はもう少し動きを増やしていければなーと思ってます。

 

はい、というわけで今年もたくさんconcrete5のお仕事させていただきました。
本記事ではconcrete5でサイトを作る上でかゆ〜いところに手が届く(?)カスタマイズを幾つか紹介します。
とにかくかゆい、かゆいんだ!

 

 

かゆい1:「ページ」をクリックした時のパネルをカスタマイズ

 

ログイン時に表示される「ページ」をクリックした際に表示されるここ↓。
コンポーザーからページを作成したり、サイトマップや下書きを確認したりと
サイト制作時に非常によく目にすることになるこのエリアにもう少し色気を加えます。

 

 

まずはこのエリアを出力しているconcrete/views/panels/sitemap.phpをオーバーライド。
application/views/panels/sitemap.phpとしてコピーします。

 

これで準備はOK。
先ほどコピーしたsitemap.phpではこんな感じで各種情報が出力されています。

 

・6〜29行目あたり:よく利用される&他のページタイプ
・43〜61行目あたり:下書き
・64〜79行目あたり:サイトマップ

 

とりあえず下書きエリアをちょっと変更してみます。
下書きリストにはページタイプが表示されないのでページタイプを表示させてみましょう。

 

 

いい感じです!

 

 

とりあえずこのファイルに記述した内容は出力されるのでサポート情報を掲載したりするのもいいかもですね。

 

 

 

かゆい2:あるページのあるエリアを指定してあるブロックを取得、そこからどう出力するか??

 

ページテンプレートなどで、あるページのあるブロックに登録された内容を出力したい時って結構あります。

 

例えば「Page Selector Attribute」を使ったページ属性である商品ページを選択、「関連する商品」としてそのページのブロック内の情報を出力したい!とか。

 

そんな時はこれ。
まずは指定されたページの狙いのエリアにある狙いのブロックを取得。

 

 

$_blocksには狙いのブロックオブジェクトが入ります。
これを使ってこんな感じで出力できます。

 

 

controllerをカスタマイズして独自のメソッドを追加していたり、
独自の変数を登録している場合も上記の方法で自由に扱うことができます。

 

 

かゆい3:君にだけ通知を送りたいんだ・・・

 

(設定は非常に非常に面倒ですが使いこなせれば)強力なconcrete5デフォルト機能、「ワークフロー」。
皆さん使ってますか?
今年も幾つかのサイトでお世話になりました。

一般的なサイトだと大体「承認者グループ」「投稿者グループ」といった具合に
グループ向けにワークフローを設定することが多いと思うのですが
通知設定かけたグループに含まれるすべてのユーザーにメールが飛んでしまうんですよね。
当たり前といえば当たり前ですが。


ただ「投稿者グループ」に所属している「ワークフローに送信したユーザー」にだけ通知したい時、ありますよね?

 

まずはconcrete/src/Concrete/Workflow/BasicWorkflow.php
application/src/Concrete/Workflow/BasicWorkflow.phpとしてコピーします。
それからapplication/bootstrap/app.phpでオーバライド設定。

 

 

ワークフローの通知関連エリアをカスタマイズします。

 

 

これでうっかりテストサイトからたくさんのユーザーに通知が入って大目玉食らうことが防げるぞ!
(↑実際にありました。)

 

 

かゆいおまけ:「通知設定」やってるやってる〜??

 

デフォルト状態ではワークフローを設定した際「管理者」グループに属していないユーザーは「確認待ち」ページで承認リストが表示されません。
管理画面の下記ページで確認待ち情報を通知したいグループを追加しましょう。

 

/dashboard/system/registration/notification

 

 

これ地味に設定忘れる&この設定ページ自体を忘れるのでメモメモ。

 

今年もお世話になりました

 

今年も各方面の皆々様、大変お世話になりました。

来年もレッツエンジョイ concrete5!

ますます機能充実の3.0もリリースされてこれからも楽しみです。

加速して熱を帯び発光するconcrete5 アドベントカレンダー 2017、次回はtao-sさんの「8.3.0について何か」です!

オフセット印刷勉強会〜3社合同勉強会 デザイナー編レポート〜

2017.11.30

11/17(金)、翠灯舎とアーキテクトタイタンおいかぜ3社による
7回目の合同勉強会~デザイナー編を開催しました。

今回のテーマは「オフセット印刷について」ということで、
京都で面白い印刷をされている修美社の皆様のお話を伺いに行ってきました。

当日のスケジュールは以下の通り

===
1.ご挨拶 ◎常務 山下まさきさん
2.データ入稿から製版までの工程について ◎DTP・製版 主任 永田かずひろさん
3.オフセット印刷の仕組み ◎印刷機オペレーター 山下こうすけさん
4.紙とインキの相性について ◎調色 永田としかずさん
5.質疑応答
===

修美社にての勉強会は座学とワークショップの全2回に分けて開催予定ですが、
今回は座学中心にお話いただきました。

はじめに常務の山下まさきさんにご挨拶いただき、
修美社さんについて紹介していただきました。
おしゃれな印刷物に囲まれたオフィスにデザイナーも興味津々!



次にDTP・製版主任の永田かずひろさんに、
データ入稿から製版までの工程についてのお話をうかがいました。
いろんな資料を使い、データ入稿から製版までの工程を
わかりやすくご説明してくださいました。
専門用語をしっかりメモして、今後の作業に活かします!




次に印刷機オペレーターの山下こうすけさんから、
オフセット印刷の仕組みについてのお話です。
印刷物を見せていただいたり、
目の前で実際使用する印刷液を使った実験を行なっていただいたりして、
オフセット印刷がどんな仕組みで仕上がってくるのかお話いただきました。
気さくなお人柄のおかげで笑顔あふれる時間になりました。






そして最後に調色を専門とされている永田としかずさんに
紙とインキの相性についてお話いただきました。
特色を使ってどこまでお客様の求める色に近づけていくか
というお話は大変興味深かったです。



質疑応答を終えた後は、社内見学をさせていただきました。





データ入稿した後、プロダクトが仕上がってくるまでの工程を見たことがなかったので、
目の前で印刷物が次々に仕上がってくる現場を見学することができ、
とても学びの多い時間になりました。
修美社の皆様ありがとうございました!
次回も楽しみにしています。

今後もよりよい制作物をお客様に届けられるよう
3社社員一同多くの学びを積極的に取り入れていきます。

引き続きブログで報告させていただきますので、
今後とも宜しくお願いします。


P.S.
11/17(金)はエンジニアのもくもく会も同時に開催されました。
「vue.js」をテーマに皆で黙々と、文字通りに取り組みました。
APIを用意して、参加者が取り組みやすいように進行しました。
今回のもくもく会の様子は次回まとめてレポートさせていただきますね。

見積から考える作業工程〜3社合同勉強会 ディレクター編レポート〜

2017.10.26

10/24(火)、翠灯舎とアーキテクトタイタンおいかぜ3社による
6回目の合同勉強会~ディレクター編を開催しました。

今回のテーマは「見積から考える作業工程」ということで
普段から業務で見積書の作成をしている12人の社員が集まりました。

タイムテーブルは以下の通りです。


今回の勉強会は、運営スタッフが準備したカフェサイトの架空のリニューアル依頼書を元に
「この案件の見積を作成する場合、どのような作業が発生するか」
を12人全員で考えるといった内容です。

まずはじめに運営スタッフの桂さんがカフェサイトのWeb担当者になりきって
依頼内容をプレゼンしてくださいました。
(サイトマップもすごくリアル!案件のリアリティが増します!)



次にWeb担当者役の桂さんへの質疑応答を終えて全員が依頼内容を把握したところで、
2チームに分かれてポストイットに見積書作成に必要な作業項目を書き出します。


1つのチームは最終工程で必要になる納品物を作成するために
必要な制作物や作業工程などをざっくばらんに書き出していきました。
そこからグルーピングをしながら壁に貼り、足りない作業を補っていくという方法で作業の洗い出しを進めました。


一方、もう1つのチームは依頼を受けた後の実際のワークフローに添って、
納品物・制作物に紐づく作業工程を書き出していきました。
「デザイン」「コーディング」など大きな項目を出してから、それぞれを具体的に分解していきました。



壁に両チームが作業工程を貼り終えたあと、
チームの代表が発表して、みんなで両チームの作業工程を確認しました。



「この作業、そんな作業名をつけてるんですね!」
「あーそういう工数の表示の方法もあるのか」
「こんなクライアントの場合はこういうアプローチもいいですね」

などワイワイ話しながら今後の参考にとポストイットの写真を撮る社員もちらほら。

同じ題材でも帰納法で積み上げる方法と演繹法でブレイクダウンする方法とで
進め方でもこれだけ違いがあるんだーと新たな発見がありました。

ディレクターの仕事はとても作業範囲が広いし、
見えない作業に結構な工数が発生したりするので、
他の人がどのように作業範囲を切り分けしているのかや、
そもそもこの作業はこっちの作業とまとめて書くとクライアントに納得してもらえるんだ、などといった貴重な学びがたくさんありました。
今後の業務にどんどん活かしていきたいと思います!

参加者のみなさま、お疲れ様でした。


今年度はあと1回ディレクターの会を開催予定です。
引き続きブログで報告させていただきますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

 

Offer to Us

to Top Page

Contact

Contact